Language Service Associates Present


【質問 No. 8952】 made his way in what seemed to the right direction について hana 2017-09-05 06:14:57
 He made his way in what seemed to the right direction,
 「正しい方向と思われる方に彼は進んでいった」

 make one's way = 進む、この熟語が文章の動詞であり、それ以降が目的語だと思うのですが、そこで、いくつか質問があります。

 what は関係代名詞なのでしょうか? もしそうだとすれば、なぜ「前置詞+what」となっているのですか? in the right direction の in が前にきたものですよね? 前置詞+which=whatの形であれば見たことあるのですが・・・。



【回答】
 始めに確かめたいのは、ご質問の文には seemed to の後に be が抜けていませんか? つまり、ご質問の文は He made his way in what seemed to be the right direction. ではありませんか? その方が理に適(かな)った言い方なのですが・・・。

 その上でお答えしますと、おっしゃる通り、述語動詞は made his way「進んだ」という熟語です。それ以降は「目的語」ではなく、正しくは「副詞」で、「正しい方向と思われる方向へ向かって」という意味なのです。

 さて、ご質問の what ですが、これは「挿入句」で、in the right direction「正しい方向へ」という副詞句の中に、in [what seemed to be] the right direction と、挿入されて、「[正しいと思われる] 方向へ」となったものなのです。ですから、in は what ... に掛かるのではなく、in [what seemed to be] the right direction と、in the right direction となるのです。また、関係代名詞の what は the thing which と分解できるので、「正しいと思われる(方向)へ」となるのです。