Language Service Associates Present


【質問 No. 8954】 冠詞(a/an)について Kumi 2017-09-05 12:46:33
 先生、いつもありがとうございます。

 今日は、冠詞の a は、次に始まる単語が母音の時(発音で)an になると習いました。これは 「a+母音」だと発音しにくいために an になったとか?
 もしそうならば、会話の時に an と言わなければならない I bought an interesting book. を
I bought a interesting book. としてしまったら、ネイティブはどんな風に感じ聞こえるのでしょうか? 日本語で「学校へ行く」と言わなければならないのに「学校行く」と言ってもおかしくはないですよね。そのくらいのものなのか? それとも、中国の人が話す日本語のように「は、に、へ、て」などが抜けたおかしな日本語として聞こえるのでしょうか?
 また、a(ア)を (エイ)と発音する人もいますよね。a book を(エイ ブック)のように。この人たちは、すべての冠詞 a を(エイ)と発音するのでしょうか? 特別に強調したい時だけ?
ちょっとおかしな質問かもしれませんが、よろしければ先生の回答をお願いいたします。


【回答】
 面白い(=興味のある)質問ですね。日本人にとって冠詞は a/an, the のいずれでも、とても難しく、これは永遠の悩みですね。ネーティブとして生まれ、育った者でないと、先ず、いつも間違いなく使うことはできないと思います。ですから、ある程度は相手に理解してもらうしかないですね。
 そこで、ご質問ですが、an interesting book の an を a interesting book とした場合、ネーティブの人にはどのように響くか、ということですね。おっしゃる通り、「て、に、を、は」を間違えた外国人の日本語のように聞こえるのだろう、と思います。でも、ネーティブの人は、あまり気にせずに“中身”を中心に聞いてくれるので心配はないと思います。

 また、a book を [エイ ブック] と発音する人についてですが、これは地方の“方言”でいつも「エイ」と発音する人もいるようですが、一般には“強調”するときや、“確認”をとるとき以外は「ア」と軽く発音します。