Language Service Associates Present


【質問 No. 8956】 ... with no rain to moisten the air の訳し方について hana 2017-09-05 15:31:08
 ... with no rain to moisten the air
 「雨が空気を湿らせることもなく」

 「no+名詞」は、名詞自体に否定の意味をもたせるのだと思っていたのですが、この文章だと後の動詞が否定の意味になっています。「no+名詞」だったり、「no+動詞」という形で出た場合、どう訳せば良いのでしょうか?


【回答】
 前後の関係で、いろいろな訳した方がありますが、この構文を説明しますと、with no rain で「雨も降らずに」という意味の副詞句となり、to moisten the air という不定詞は rain に掛かる「形容詞用法」の「不定詞」で、「空気を湿らせる(雨もなく)」という意味になります。