Language Service Associates Present

キーワード
7614 件が登録されています。 [1-10] を表示

【質問 No. 13576】 文法解釈・文構造について  毛ガニ 2020-10-25 14:39:24
 お世話になります。

 下記の英文の文法解釈・構造は、これで良いですか?

We considered the resignation to be a good way for the firm to appologize.

 S=We
 V=considered
 O=the resignation
 C=to be a good way

 末尾の to appologize は、不定詞の形容詞的用法で、a good way を修飾しているのでしょうか? だとすれば、for the firm の前においた方が良いのでしょうか?


【回答】
 ご質問の英文の意味は「我々は、辞任が、会社が謝罪するためのよい方法と考えました」と言うことで、構造は、おっしゃる通りで、「第五文型」 に属する文となります。なお、to appologize は a good way を修飾する「形容詞用法」の不定詞ですが、for the firm は、to appologize の「意味方の主語」となっているので、a good way <to appologize> for the firm とすることはできません。


【質問 No. 13575】 解説ありがとうございました。  葉山 2020-10-25 09:28:16
 私の想定としては、例えば、文化祭などの出展で、先生との話し合いをするような場面を想定していました。話し合いを会議としたのは、会議の方が近いかなと思っただけで、特段の理由はありませんでした。

【回答】
 答える側からすると、その辺の状況が掴めない質問には、困惑するので、今後は、状況、場面、背景などを添えて質問するようにしてください。これは、そうでないと、正しい回答が導き出せないからです。暗闇で鼻をつままれて、「これ誰だ?」と聞かれているようなものです。質問する方は、回答者の、このような悩みを知らないのですね。


【質問 No. 13574】 名詞、形容詞の並べ方  匿名 2020-10-25 09:22:07
名詞を並べる場合、
2つなら、A and B 3つ以上なら、A, B, and C

叙述用法の形容詞を並べる場合、
主語+be動詞のあとに、
2つなら、A and B 3つ以上なら、A, B, and C

限定用法の同じグループの形容詞(色なら色の形容詞だけ)を並べる場合、
+名詞の前に、
2つなら、A and B 3つ以上なら、A, B, C

限定用法の異なるグループの形容詞(色の形容詞と大きさの形容詞、素材の形容詞など)を並べる場合、
+名詞の前に、
2つ以上なら、A B C 名詞

という並べ方で良いのでしょうか?



【回答】
 私が最もいやな(腹が立つ)質問は、具体的な英文がないところで議論することです。具体的でないと、議論が意味を持たないからです。もう一度、例文を付けて、質問してください。


【質問 No. 13573】 文の意味 ニュアンスの違いについて  葉山 2020-10-25 09:16:57
 Have you completely finished discussing this issue with your teacher yet?

質問1:“完全に”という意味で、completely をいれる場合は、これで大丈夫でしょうか?

質問2: また、この聞き方の場合、「もう既に話し合いはしたが、もう一度話し合いの機会を持つ予定だ」というような場合には、どのように返ってくると考えられますか?

@ この問題についての、1回目の会議が終わったのか? という意味で疑問文を取れば、その日の会議は完全に終了してますから、Yes. になるのではないかと思います。

A この問題についての会議すべて(全体)が終わったのか? という意味で疑問文を取れば、まだ、話し合いをする予定があり、完全には終了していないから、No. になるのではないかと思います。

 文脈によって判断するのでしょうか?


【回答】
質問1: completely の位置はこれでよいのですが、先生との面談で、「完全に(終わったか)」というような“硬い”言葉を使うかしら?、と疑問に思います。finish という語の意味に「完全に終了する」という意味が含まれているので、completely などを付ける必要はありません。

質問2: @、A、ともに Yes. No. の使い方はこの通りですが、気になるのは、教師との話し合い(面談?)が、いつの間にか「会議」に変わっていることに驚きました。別なことを話題にしているのでしょうか?



【質問 No. 13572】 文の切れ目と接続について  ベル 2020-10-25 09:03:52
 いつもお世話になっております。哲学の英文テキスト(ダ・ヴィンチ)を、邦訳のようにでなく、構文把握から正確に訳すという週課題をしています。

 And if the poet gratifies the sense by means of the ear, the painter does so by the eye ─ the worthier sense; but I will say no more of this but that, if a good painter represents the fury of a battle, and if a poet describes one, and they are both together put before the public, you will see where most of the spectators will stop, to which they will pay most attention, on which they will bestow most praise, and which will satisfy them best.

 この文のセミコロン以下について、どの節がどこにかかっているかを教えていただきたいです。

 また、Poetry describes the action of the mind, painting considers what the mind may effect by the motions [of the body]. を、「詩は心の動きを描写し、絵画は[身体の]動きによってどんな気持ちがもたらされ得るかを考える」と訳したのですが、カンマだけで二文が繋がれることはあるのでしょうか。

 よろしくお願いいたします。


【回答】
 ご質問の英文の意味を、直訳的にとってみますと、「さらに、詩人が耳を手段として読者の感覚を満足させるとすれば、画家は、目という、より価値の高い感覚によって、見る者を喜ばせる。しかし、このことについては、もうこれ以上述べないこととする。ただ、もしも画家が戦いの怒りを表現し、詩人が同じような描写をして、両者が共に公衆の面前に置かれたとした場合、観客の大半の者が足を止め、どちらに対して最も多くの注意を払うか、どちらに最も多くの賛辞を述べるか、そして、どちらが彼らを満足させるか、という点についてだけは述べておこう」となります。

 セミコロンの後の but that ... は except that ...「... ということを除いては、(もうこれ以上は言わないこととする)」 という意味になります。

 また、Poetry describes the action the mind, painting considers what the mind may effect by the motions (of the mind). とは、おっしゃる通り、「詩は、心の動きを描写し、絵画は、身体の動きによって心がどのような作用を受けるかを考える」 という意味ですが、コンマで and や、while の役目を果たさせることは、よくあることです。



【質問 No. 13571】 自由英作文からの質問です。  葉山 2020-10-25 05:54:32
1. Have you discussed this issue with your teacher yet?

 上記は、「この問題について、貴方たちの先生ともう既に話し合いましたか?」になると思いますが、もしあなたが、もう既に先生と話し合ったけれども、もう一度話し合いの機会をもつ予定だ、というような場合は、どのように答えられるのでしょうか?

2. Yes. But we are going to discusse this issue.

というようになるのでしょうか?

 また、「この問題について、貴方たちの先生ともう既に話し合いが終わりましたか?」という話し合いが完全に終了したのか、というニュアンスを強める場合は、

3. Have you finished discussing this issue with your teacher yet?

とすれば良いのでしょうか?



【回答】
1. は、その通りで、間違いありませんが、2. は、Yes, but we are going to discuss it again. とした方がいいでしょう。

3. は、これで大丈夫です。 



【質問 No. 13570】 should do その他の発音について  zoro 2020-10-25 05:43:28
 先生、前回のご回答ありがとうございました。今日は発音に関して質問があります。

 以下の should do、food to の部分の発音をカタカナで教えて下さい。

1. You should do whatever you want.
2. Give the food to me!

 発音を教えてくれるアプリも見つけたのですが、とても不自然な気がするのです。

 https://readspeaker.jp/

 本日もよろしくお願い致します。


【回答】
 発音の質問とは、珍しいですね。でも、とても大事な質問です。

1. の should do は「シュドゥ ドゥー」と、「ドゥ」が重なりますが、これを正しく発音するためには、最初の「ドゥ」を飲み込む気持ちで、発音せずに、「シュッドゥー」 と発音すると、英語らしく響きます。

2. の food to についても同じで、「フードゥ トゥー」の最初の「ドゥ」を飲み込む気持ちで、発音せずに、「フーットゥー」のように発音します。

 いずれも、類似の音が隣り合わせた場合には、それらを別々に発音しないで、前の音を飲み込む気持ちで発音することを「同化現象」と呼びます。write to → [rai(to) tu:], get to → [ge(t) tu:], give me → [gi(v) mi:], put them → [pu(t) them] などがその例です。



【質問 No. 13569】 関係代名詞について  ヨッシー 2020-10-25 05:19:41
 こんにちは。お世話になります。

 英語受験参考書に、次の英文がありました。

 Beauty is a letter of recommendation which it is almost impossible to ignore.
 「美とは、無視することがほとんど不可能な推薦状のようなものだ」

 which it is ではなく、which is の誤りではないかと思ったのですが、もしかすると which は前の文をすべて受けているのかとも思いました。もしこの解釈が可能であるとすると、which is とした文と、どのような意味、あるいはニュアンスの差があるのでしょうか。

 よろしくお願いします。


【回答】
 ご質問の英文を直訳すると、「美は、それを無視することがほとんど不可能な推薦状である」 となり、which の先行詞は a letter of recommendation で、it は「真主語」 の to ignore を指す 「仮主語」 なのです。通常の文に置き換えると、It is almost impossible to ignore a letter of recommendation.「推薦状を無視することは、ほとんど不可能である」となります。

 一方、which is とすると、which が主語となり、which is almost impossible to ignore「それは、無視することがほとんど不可能である」となります。この場合の to ignore は「真主語」ではなく、English is hard <to learn>. と同じ構文になり、「英語は、覚えるのが難しい」 の 「覚えるのが」 に当たる用法となります。

 なお、which it is とした方が、やや文語調になる、という違いがあるだけです。



【質問 No. 13568】 英訳を教えてください。  匿名 2020-10-25 05:01:49
 The ice gave away, and we fell into the river.

 ある大学の過去問からですが、訳と gave away の意味を教えて下さい。



【回答】
 ご質問の英文の意味は「氷が割れて、我々は、川の中に落ちた」ということで、give way は「自動詞」で「崩れ落ちる」という意味です。


【質問 No. 13567】 extra は加算名詞なのに?  匿名 2020-10-25 04:56:02
 How much extra is a room?

 extra は、加算名詞なのに、なぜ、much を使うのでしょうか?


【回答】
 ご質問の英文の意味は「一部屋がどれほど余分な物なのですか?」ということだと思いますが、extra は、この場合「代名詞」なので、How much は「どれほどの量の(余分な物)」という意味になるのでしょう。extra は「名詞」ではなく、「代名詞」なのです。なお、one sentence なので、この文の置かれた状況がよく分かりません。


次の 10 件