Language Service Associates Present

キーワード
13815 件が登録されています。 [1-10] を表示

【質問 No. 20019】 make it so that の解釈について  ロシュフコー 2022-08-09 13:54:53
 おはようございます。今回もよろしくお願いします。

 「動物保護における生殖方法の理解の重要性」についての文章を読んでいたところ、次の文章がありました。

 Often the problem is that small population numbers have led to inbreeding, or made it so that potential mates cannot even find each other.

 ここでの make it so that はどのような表現なのでしょうか。it は何を指しているのでしょうか。それとも定型表現として使われているのでしょうか。ご教授ください。


【回答】
 ご質問の英文の意味は「しばしば問題となるのは、種の構成メンバーが小さくなると、近親交配が発生したり、夫婦になる可能性を持った相手を、お互いに見つけることさえできなくなる、といったことまで起こることである」ということで、or (have) made it とは「so that 以下のことを引き起こす」 という意味で、it は so that 以下を指す「仮目的語」と考えられます。


【質問 No. 20018】 使役動詞haveについて  金森 2022-08-09 13:37:21
 いつもお世話になっております。今回もよろしくお願いいたします。

 使役動詞の have について、以下のような説明がありました。

 「髪の毛を切った」という会話において

 I had my hair cut.「私は、髪を切ってもらった」と、よくある間違いとして、

 I cut my hair.「自分自身で髪の毛を切った」のように、自分自身で髪の毛を切るわけではないので had を使用する。

 本題は、ここからなのですが、

 He always had his hair in a ponytail.「彼は、いつもポニーテールにしていた」という文で、have one’s hair in ponytail「ポニーテールの髪の毛を持っている(髪の毛をポニーテールにする)」といいますが、この連語が「ポニーテールにしてもらう」ではなく、「ポニーテールにする」となるのは、「have + 目的語 + 動詞」と使役動詞の形ではなく、通常の have の使い方の「持っている」という意味合いから「ポニーテールを持っている」= 「ポニーテールにする」という意味になると解釈してもよろしいでしょうか。

 また、「ポニーテールにする」ではなく、「してもらう」となる場合は、どのような表現方法がありますか。お忙しいところ恐れ入りますが、教えて頂けると幸いです。


【回答】
 先ず、I had my hair cut. は「have + my hair + cut」 で、「髪を、カットして、貰う」 という「使役動詞」の用法ですが、He had his hair in a ponytail. は「彼は、髪を、ポニーテールとして、持っている」(=ポニーテールにしている) という意味で、have は「もっている」という意味の、一般動詞なのです。

 また、「ポニーテールにして貰う」 と言いたいときは、He had his hair plaited in a ponytail.「彼は、髪を、ポニーテールに、編んで貰った」となります。plait は「編む」という意味の動詞です。



【質問 No. 20017】 fall through について  金森 2022-08-09 13:15:58
 fall through 「失敗に終わる」という英熟語の例題に、次の英文があります。

 The deal that we made fell through at the last minutes(→minute).
 「我々がした取引は、最終段階で失敗に終わった」

 この文章の fell through という熟語の前に made という単語がありますが、「make + 名詞」で、「…する」、または 「make + 目的語 + 動詞」で「…させる」という役割があるのはわかりますが、made fell と動詞の直前に made が使われているのはなぜでしょうか。

 また、made がない場合の意味の違いについても、教えて頂きたく思います。

 お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答いただければ幸いです。


【回答】
 ご質問の英文の that we made は、The deal を修飾する関係節なので、「我々が行った取引は」という意味で、ここの made は、次の fell through とは、関係ありません。fell through 「失敗に終わった」 が、この文の述語動詞なのです。また、made がなかったら、「我々が、(  )した」というだけになり、意味をなしません。


【質問 No. 20016】 引用部の説明の訂正  金谷 2022-08-09 12:58:11
 ジーニアスの記載についてですが、引用に間違えがありました。
  
 They will never know.「彼らにはわかるものか」
 ※ They won't ever know.とするよりも強調的

 We never work Sundays. (We don't ever work よりも決意が込められていて、協調的)

 どちらにせよ、ジーニアスは never > not ever ウィズダムやランダムハウスは never < not ever となっているようです。

 回答頂き、ありがとうございます。


【回答】
 折角の訂正ですが、金谷さんの質問は、全て間違っていますよ!

 「ジーニアス」 の説明は、They will never know. を、They won't ever know. とすれば「強調的」とあるのです。また、前回の、次の説明も、「ジーニアス」 と全く同じです!

1. never の代わりに not ever を 強意的に用いる (ウィズダム)
2. never より not ever のほうが強意的 (プログレッシブ)
3. never より not ever のほうが強意的 (ランダムハウス英語辞典)

 従って、「ジーニアス」を含めて、全ての辞書が「never よりも、not ever の方が、強意的」としているのです。この点について、認識を改めてください。



【質問 No. 20015】 相手の発言を強く否定、または、肯定するときの言葉について  moon 2022-08-09 07:23:27
 例えば、「私は頭が良くないの」と言った時、相手が、それは間違いだよ、と言う代わりに、False! Negative! Lies! と返す。この表現の手法そのものに、何か呼び名はありますか? また、この手法を使ったいくつかの例をご教授頂けたら幸いです。


【回答】
 「お早う」、「こんにちは」、「さようなら」 といった言葉を「挨拶語」(Greeting words) ということはありますが、おっしゃるような、相手を強く否定したりする言葉を、何と言うかは分かりません。質問者は、否定表現に限っているようですが、肯定表現もあり、Good! Fine! Right on! などの「励まし言葉」 もあります。大体、ちょっとした行きずりの会話は、こうした挨拶語などでできているように感じます。路上で、議論をするようなことは、滅多にないからです。


【質問 No. 20014】 the most の意味は、何か?  かー 2022-08-09 07:09:39
 If all goes well, children come to learn several basic conversational skills by 12 months of age. This is largely due to the way mothers develop their own special way of talking, to get the most out of their children a style which is usually called "motherese".

という英文ですが the most とはなんですか? most の後ろに形容詞がないのはなぜでしょうか?


【回答】
 ご質問の英文の意味は「全てがうまく行けば、子供達は、12歳になるまでには、複数の基本的会話能力を身に付けることになります。これは、大部分が、一般に 「母言葉」と呼ばれる話し方で、子供達から最大のものを引き出すために、母親達が独自の話し方を発展させる事実に由来することが多いのです」 ということで、get the most out of 〜 で、「〜から、最大のものを引き出す」という熟語なのです。


【質問 No. 20013】 ジーニアスの記載について  金谷 2022-08-09 06:56:35
 They will never know.「彼らにはわかるものか」
 ※ They won't ever know.とすれば強調的

 「ジーニアス英和」 には、このように never と not ever についての記載があります。

 しかし、「ジーニアス」以外の、「ウィズダム英和辞典」、「プログレッシブ英和辞典」、「Eゲイト英和辞典」などを見ると、逆の記載になっています。

1. never の代わりに not ever を 強意的に用いる (ウィズダム)
2. neverよりnot everのほうが強意的 (プログレッシブ)
3. never より not ever のほうが強意的 (ランダムハウス英語辞典)

 これは、「ジーニアス」の誤植でしょうか? それとも、not ever が強調的になる場合もあるのでしょうか?


【回答】
 They will never know. は「彼らは、決して知ることはないだろう」 という意味で、極めて自然な否定表現です。それに対して、形を変えた、The will <not ever> know. とすると、いつも耳にする言葉とは異なった、意外な意味合いの表現と、感じられるのです。ということは、斬新な表現は、常に意表を突くわけで、ことさらに意味を強調したことになるのです。その意味で、「ジーニアス」 の記載が間違っている、とは言えないわけです。これは、さらに、ネーテゥブに確かめる必要があるでしょう。


【質問 No. 20011】 bought him 〜 について(追加質問)  金谷 2022-08-09 06:35:21
 「昨日、私は彼に、彼の車を買ってあげた」(彼の車は、昨日私が買ってあげた)
 I bought him his car yesterday.

 これは、I bought him a car yesterday. とすべきです。

質問1: 以上のように回答を頂きましたが、疑問があります。

 I bought my car yesterday.「昨日、私は、(私の)車を買った」は成り立つのに、何故 a car と訂正すべきなのでしょうか? 「私が買ってあげた車が、彼の所有する唯一の車」なら his car となるのではないかと思ったのですが・・・。

質問2:「昨日、私は彼に、彼の二台目の車を買ってあげた」の場合も、以下で合っていますか?

 I bought him a second car yesterday.

 このような違いは、慣用であって、何か文法的(論理的)に理解することは難しく、英語を学ぶ中で身に着けていく語感というようなものなのでしょうか?



【回答】
質問1: I bought my car yesterday. においては、bought my ca は、副詞 yesterday によって限定されるので、今私が所有する車は、<昨日買ったものです>、ということになるので、yesterday が付くことで、my car とすることが可能になるのです。

質問2: I bought him <his car> yesterday. とすると、his car 「彼が所有する車」 を、私は、昨日買ってあげた」 という意味になってしまうので、彼がすでに持っていた車を買ってあげた、では理屈に合わなくなってしまいます。従って、正しい言い方は、I bought him a (new) car yesterday. という風に、車は 「新たな車」としなければならないわけです。不定冠詞の a/an は、「新情報」を表すのです。

追加の質問: 以上のような区別ができるようになるには、英語の用法に慣れることが必要なのです。それは、おっしゃる通り、英語の語感を身に付ける、ということなのです。



【質問 No. 20010】 Let's と Let us の意味の違いについて(便乗質問)  ヨッシー 2022-08-09 06:13:24
 お世話になります。標記の件、同じ疑問を持っていたので、便乗します。

 Let us と Let's には、「レット・アス」vs.「レッツ」という発話に要する時間差があると思っていました。

 前者は「提案」つまり、相手からの同意が必要で、それ故に相手からの時間的猶予が必要であり、後者は「促し」で、言わば「さっさとしようよ」というある意味“有無を言わさない”ような意思を感じていました。(あくまでも感覚的なものです)

 あるいは、us が誰を意味するか(誰を包含するか)という視点にたてば、例えば、帰国するアメリカ人を見送る二人の日本人は、Let us know your address. と言い、Let’s know your address. とは言わないと思います。

 前者の us には、離日するアメリカ人は含まず、後者の us は、見送る日本人だけを指すと思います。

 愚見ですが、よろしくお願いします。


【回答】
 正におっしゃる通りで、明快な説明になっており、これ以上、私から付け加えるべきものは、ありません。引き続き、関心を持って私のサイトを見ていただき、ありがとうございます。


【質問 No. 20009】 文章の短縮法について  SS 2022-08-08 19:16:15
 極力意味を変えずに、もう少し短い文章にしたいです。

 This Tee is made from a plastic bottle washed ashore on <the> island.


【回答】
 ご質問の英文の意味は「このティーは、島に打ち上げられたペットボトルで作られている」ということなので、これ以上短くするのは、難しいです。何のために短くするのですか? 誰か、他の方に聞いてください。


次の 10 件