Language Service Associates Present

キーワード
4282 件が登録されています。 [1-10] を表示

【質問 No. 9153】 前置詞つき関係代名詞 (of which) + it の用法について  IF 2017-11-23 14:43:40
 以下の文について質問いたします。

 This second edition cancels and replaces the first edition, of which it constitutes a minor revision.

 上の文の of which ですが、of はどうしてついているのでしょうか。which の先行詞は何でしょうか。it が何を指しているのかわかりません。

 which は,前文の内容を指し,it も前文の内容を指すと考え、「この第2版は,第1版を廃止して,それに置き換わるものである。それに関して、そうすることは軽微な変更を構成している」ということから、最終的に、「この第2版は,軽微な変更により第1版を廃止して、それに置き換わるものである」と訳しましたが、自信がありません。

 どのように解釈すればよろしいでしょうか。ご教示のほど,よろしくお願い申し上げます。


【回答】
 ご質問の文における of which は「所有格」を表す「関係代名詞」で、その代表的な例としては、The house <of which> the roof is red is mine.「屋根が赤い家が私の家です」がよく使われます。この of which the roof は、言い換えると、whose roof (is red) となりますが、バリエーションとしては the roof of which (is red) とも言います。

 これでご質問の文を見てみますと、「この第2版は、初版を破棄し、初版に取って変わるものであるが、それ(即ち、初版)のそれ(即ち、第2版)は、軽微な修正を施したものである」 という意味で、of which の先行詞は「初版」で、it は「第2版」を指しています。ところで、of which it とは、理屈の上では whose it または、it of which と書き換えることができるのですが、このように人称代名詞の it を「被所有物」(つまり、所有されるもの)として使用することは許されないので、of which it だけの形しか言いようがないのです。なお、この種のわかりずらい表現をするのは法律用語などに多いのですが、より一般的な文章の場合は、This second edition cancels and replaces the first edition <and (it)> constitutes a minor revision. のように表現されます。



【質問 No. 9151】 ..., all staff smiling and courteous “too fault”. の too fault とは?  kawakami 2017-11-21 16:52:54
 先生、いつも丁寧な説明っをしていただき感謝いたしております。

 下記の英文はイギリス人が中部国際空港で出国手続きをした時のことを書いているのですが、文中の "too fault" の意味がわかりません。ご教示ください。

 Central Japan Airport (Nagoya) rules, at least today. Off the prestine train, checked my bags in, complete my passage through security and immigration in just 18-18! minutes. Not a glum face in sight, all staff smiling and courteous "too fault".
Sometimes I simply love Japan. No airport in the UK comes close.

 (私の和訳):「中部国際空港は最高である、少なくとも今日は(他の日は知らないが)
ピカピカの電車を降りて、バックの搭乗手続きをし、出国手続きをするのにたったの18分。
係員は嫌な顔一つせず、笑顔で礼儀正しかった。私は時々日本がとても好きになる。イギリスのはこれには程遠い」

 質問: courteous と too fault の間に "," はありません。too は副詞で、fault は名詞ですが、fault を「断層⇒大きな差、違い」と解釈して、「あまりにも大きな差」と解釈するのは、間違いでしょうか?


【回答】
 ご質問の too fault ですが、おっしゃる通り、too は「副詞」ですし、fault は「名詞」ですから、両者は文法的に“かみ合い”ません。私も行き詰まっていますが、ひょっとして、この too fault は to fault の誤植で、「些細な問題(過ち)に対しては(笑顔で応対し、礼儀正しい)」と言いたかったのではないか、と思われますが、如何でしょうか? この種のミスプリはネイテゥブの書く新聞記事へのコメントなどではしょっちゅう出てきます。
 ちなみに、Sometimes I simply love Japan. の訳ですが、「私は時々日本がとても好きになる」というよりは、「私は兎も角(無条件で)日本が好きになってしまうことがある」といった意味ではないかと思います。また、英文の方でも、in just 18 -- 18! minutes. となっていますが、これも正式には in just 18 -- 18 minutes! とすべきところでしょう。このなところも勘案すると、too fault も、単に to fault の書き違いでは、という思いが強くなります。

追記: 上掲の「回答」を書き終えてから、何気なく「英和辞典」で確かめてみたところ、実は to a fault という“熟語”があることに気づきました。to a fault は「(正式)あまりにも、度が過ぎて」という意味で、kind, generous など人の美徳について用いる、とあります。例としては be honest <to a fault>「馬鹿正直である」が載っています。ご質問の筆者は、この to a fault と書くつもりで、too fault としてしまったものと思われます。どうやら、これが正解のようです。



【質問 No. 9149】 Parameters の意味、その他について  青空2002 2017-11-23 14:47:00
 いつもありがとうございます。

 ネイティブの英語の意味がわかりません。港のインストラクションからの引用です。(豪州)。

@ These parameters apply in favourable conditions.

 この文の parameters の意味がいまいちピントこないので、文全体をご説明いただけると助かります。

A During periods of unsuitable wind or sea conditions other limitations may be imposed in the interests of safety, at the discretion of the Regional Harbour Master.
 「不安定な風速や海上状態場合は、港湾長の裁量に依り安全の為制限を課せられる」

 上の文の conditions とother の間に、コンマはいらないのでしょうか?


 以上、よろしくお願いいたします。


【回答】
 @ parameter を「英和辞典」で引くと、「助変数」とあるので、この言葉を理解するために「広辞苑」で調べると、[数] (parameter) 幾つかの変数間の関数関係を間接に表すために用いる変数、とあります。これでは、門外漢の私には何のことやら分かりません。ちなみに、これを「英英辞典」では何と言っているか調べてみると、a set of agreed limits that control the way that something should be done. とありますが、どうやらこの定義は数学で使われる parameter の“応用”のようで、その例文として、We also need to consider the influence of the media, but that is outside the parameters of the present inquiry. 及び、The committee's job is to establish new parameters for allocating public housing. が掲載されています。そこで、もう一度「英和辞典」を見てみると、《略式》[通例 〜s] として、「(限定)要素、要因(factor); 限界」とあります。多分、これが一般に使われる parameter の用法だろうと思われます。ここから割り出したのが次の回答です。(間違っているかも知れません!)
 @ は、「これらの数値は、いくつかの好条件が揃ったときに(のみ)適用される」となります。
 A の意味は「好ましくない風や海の状態が続く間は、安全を確保するために、地元の港湾長の裁量により、その他の制限が課される可能性があります」ということで、この文の内容から、どうやら parameters とは「限定要素」といった意味なのか、と思わされます。
 なお、A の other limitations の前には、通常、コンマを付けますが、付けない人もあります。



【質問 No. 9147】 「the+普通名詞」=「抽象的概念」について  issui 2017-11-19 10:08:03
 木村先生、以前に1度、質問させていただきました者です。その節は、丁寧なご回答を有難うございました。お礼が遅くなり申し訳ありません。この様なサイトを設けていただいている事に心より感謝して、いつも拝見しております。

 さて、質問ですが、上記のタイトル項目を勉強していたら、

@ At a crisis of this sort, <the beggar> was uppermost in him, and <the man> of genius hid his head with confusion.
 「「こういう危機に際しては彼の乞食根性が先に立ってしまい天才は、どぎまぎして頭を引っ込めてしまった」

という例文が載っていました。the beggar は解るのですが、the man も抽象的概念を表していると考えて正しいでしょうか?

 もし、正しいなら、以下の4つの文の the man も各々、抽象的概念を表しているでしょうか?
A He is <the man> of men.「彼は男の中の男だ」
B I am not countenancing the sort of "hero-worship" which applauds <the strong man > of genius for forcibly seizing on the government of the world and making it do his bidding in spite of itself.「私は、才能ある強者が世界の統治を無理やりに奪いとり、世界にはそのつもりがないのに、自分の企てに服従させることをほめそやす「英雄崇拝」のようなものには、賛同しません」
C The painting is almost <the natural man>.「絵に描かれた人間こそが、ありのままの人間の姿といっていい」
D <The happy man> is <the man> who lives objectively, who has free affections and wide intrests.「幸福な人とは、客観的な生き方をし、自由な愛情をもち、興味の巾が広い人物である」

質問が多くなり申し訳ありませんが宜しく、ご教授お願い致します。




【回答】
 イギリスの詩人ワーズワースの The Rainbow という詩の最後に <The child> is father of <the man>. という一文がありますが、これを見た出版社の編集者は <The man> is father of <the child>. ではないか、と何度も原稿を送り返してきた、という話があります。これこそ、ご質問の「the + 普通名詞」 が 「抽象概念」 を表すことがある、という適例と思います。ご存じのように、この文は日本語の「三つ子の魂百まで」ということわざに当たるもので、「子供心というものは大人の原形となるものだ」という意味で、the child も the man も「抽象概念」を表したものなのですね。
 このことを念頭にご質問の例文を検討してみますと、@ の the beggar は、おっしゃる通り、抽象概念を表していますが、the man (of genius) の方は「(実在する)その天才」を指しているように思われます。
 そのほかの例を見てみますと、A、B、C、D の the man は、いずれも「抽象概念」としての「人間、男」 を“総称的”に表していると思われます。
 こうしてみると、「the + 普通名詞」=「抽象概念」 という表現形式は英語には頻繁に現れることが分かりますね。



【質問 No. 9146】 I can get them at a discount for 15 dollars a ticket. の構造について  リキ 2017-11-19 13:46:05
 会話文の一節です。

A: How much are the tickets? Aren't they expensive?
B: Normally yes. But I can get them at a discount for 15 dollars a ticket.

A: チケットはいくらですか。高くないですか。
B: ええ、通常は高いです。でも、1枚15ドルに割引されたチケットを手に入れることができるんです。

 解説の訳は上記のようになっていました。この中で at a discount for 15 dollars a ticket 文構造がよくわかりません。また、英語だけを見ると、例えば、元々が50ドルなら、そこから15ドル割引する(=35ドル)という意味にも読めてしまいました。ただ、訳を見ると、チケットの代金そのものが15ドルなのかと思います。

 この部分の文構造、そして訳はやはりチケットの代金そのものが15ドルと解釈するのがよいのか、教えていただきたいです。よろしくお願い致します。


【回答】
 ご質問の I can get them at a discount for 15 dollars a ticket. とは、訳にある通り、「わたしは、それらのチケットを、割引で、チケット一枚につき15ドルで手に入れることができます」という意味ですが、チケットの値段が一枚に付き15ドルであるということは、I can get them <for 15 dollars a ticket> (at a discount). と書き換えても同じことになることを見ても、分かります。つまり、at a discount は「割引で」という意味の「挿入句」なのです。


【質問 No. 9145】 It hurts to open and close my hand. の to の働きについて  はるきち 2017-11-19 06:45:09
 いつも有難うございます。

 タイトルの英文ですが、「手を握ったり開いたりすると痛む」という意味はわかるんですが、なぜ to が使われているのでしょうか。主語の It を表しているのでしょうか。それとも、「〜して」という不定詞でしょうか。私なら、to の代わりに when I open and close my hand. と続けるんですが、いかがでしょうか。よろしくお願いします。


【回答】
 この例文だけからみると、ここの It は to open and close my hand を「真主語」とする「仮主語」と解釈せざるを得ません。つまり、「手を開いたり、閉じたりするのが痛みます」ということです。一方、It が my wrist「手首」とか、my forearm「前腕」などを指すのであれば、おっしゃるように、to open and close hand は「手を開いたり、閉じたりするのに(前腕が痛む)」という意味にも取れると思います。


【質問 No. 9144】 英語で 「弟子」 を、どう表現すればよいか?  はるきち 2017-11-19 12:23:24
 お世話になっています。
 「弟子」の英語訳ですが、pupil, apprentice, disciple などがあると思いますが、それぞれの使い方について教えていただけないでしょうか。私の考えは、apprentice は職人の弟子、disciple は何か宗教に関係している人の弟子、pupil は学問に関係している人の弟子のように思うのですが、どうでしょうか。例えば具体的に相撲界とか、お笑いの世界の「師匠」と「弟子」はどの表現がぴったり合うのでしょうか。相撲の師匠は、stable master なので、師匠はだいたい master でいけるように思いますが、いかがでしょうか。特に弟子の英語表現についてよろしくお願いします。


【回答】
 おっしゃる通り、英語では、基本的には「個人指導」の「弟子」は pupil と言い、「教え子」、「門下生」などがこれに当たりますが、イギリスの「小・中学生」も pupil と呼ばれますね。アメリカでは「幼稚園児」から「大学生」までをすべて student と呼びます。次に disciple とは「宗教的指導者」などの「門弟」、「弟子」、「信奉者」を指し、「主義や学説」などの「信奉者、門下」なら follower と呼ばれます。
 一方、大工など、職人のもとで修業する「徒弟、年季奉公者」は apprentice と呼ばれ、相撲部屋の「師匠」は、おっしゃる通り、stable master と訳されますが、そこでの「弟子」は何と呼ぶべきか、迷いますね。stable boy や stable man だと「馬屋の世話人、馬丁」になってしまうので、やはり stable master and his pupils でしょうか。それとも apprentice でしょうか。「落語」などの「師匠」は、これも英語圏にはない制度なので、teacher-pupil の関係で表すしかないでしょう。いわゆる「恩師」と「教え子」の関係も teacher-pupil の関係でしか表現のしようがありませんが、大学などの「師、指導教官」には one's mentor という言葉がありますが、その「弟子」は his group member (または、his follower) でしょうか。
 いずれにしても、文化や制度の異なる国の伝統的な呼び名については、直訳以外の表現法は無いように思います。英語にも、日本語にある「弟子」などの言葉があるとは限らないので、英訳や通訳の際には苦労します。



【質問 No. 9143】 Why are you stopping me? における「現在進行形」の用法について  はるきち 2017-11-17 05:59:40
 いつも有難うございます。

 次のような会話文が、ある会話集にありました。

 I didn't break any traffic laws. Why are you stopping me? 
 「交通違反はしていません。なぜ止めるのですか」

という文ですが、なぜ2番目の文は「現在進行形」になっているのでしょうか。Why did you stop me? とどのような違いがあるのでしょうか。よろしくお願いします。


【回答】
 Why are you stopping me? における「現在進行形」は、「あなたは何故私を止めているのか?」という動作の進行状態を表す形ですが、もしこれを「過去形」を使って Why did you stop me? と言うと、「あなたは何故私を止めたのか?」 という、現在とは関係のない「過去の動作」を表すことになり、「現在進行形」の表す「〜しつつある」という現在の継続状態を表さないことになります。
 とは言え、実際には I am not breaking any traffic laws. Why did you stop me? のように、初めの文を「現在進行形」で表し、後の文を「過去形」とすることも十分に可能ではあります。



【質問 No. 9138】 「TOEIC 問題集」 からの質問です。 匿名 2017-11-16 12:25:55
 お世話になります。

Transcript:
 Noah host: Mayor Swaraj, would you explain the reasoning behind Infrastructure Redevelopment Initiative, also known as the IRI?
 Mayor Swaraj: Sure. Over the last 25 years, Norview City's population has grown from roughly 20,000 to nearly 50,000. This has put an enormous strain on roads and bridges. 【The IRI will allow us to overhaul this network to meet the increased demands. We also need a more robust and reliable communications system. To pay for these improvements, the city council has proposed increasing local taxes by 1.3 percent.】
 Noah Peavy: Critics argue that the funds needed to implement the IRI should be generated by budget cuts and the elimination of some government-sponsored programmes. How do you respond?
 Mayor swaraj: 【No other government in this city's history has done more to trim the budget and eliminate ineffectual programmes than this one.】However, overuse of this strategy might disrupt vital community services.

 @ 一つ目の【 】についての質問: this network が示すものは何になるにでしょうか。
私訳:「IRI は、これらの増加した需要をみたすためにこのネットワークを私たちが徹底的に見直すことを可能にするでしょう。私たちはまた、より強く信頼できるコミュニケーションシステムが必要です。これらの改善の対価を支払うため市議会は地方税を1.3パーセント増やすことを提案しました」この訳に間違いがありましたら、添削して頂けませんでしょうか。

 A 二つ目の【 】のについての質問: this one とは何を言い換えているのでしょうか。
 二つ目の【 】を日本語訳して頂けませんでしょうか。
 
 質問が多くなり、すみません。宜しくお願い致します。








【回答】
 @ 1つ目のカッコ内の訳は、「今回のインフラ(基幹施設)再整備案は、私たちが増大する需要に応えるために、この市のインフラ(基幹施設)(のネットワーク)を徹底的に見直すことを可能にするでしょう。同時に、私たちはより強固で信頼できるコミュニケーションシステムを備える必要があります。この種の改善事業の経費を捻出するために、市議会は地方税を1.3パーセント引き上げる議案を提出しています」ということで、質問者の訳は正解です。また、this network とは「市の基幹施設全体」を指しています。

 A 2つ目のカッコの訳は、「この市の歴史上、今の私たちの市役所ほど、予算を最大限に絞り、非効率的な事業計画を取りやめにした行政機関は他にはありません」となり、this one とは this government of ours「私たちのこの行政機関」を指しています。



【質問 No. 9137】 「他動詞・自動詞」 について (再再度) wa 2017-11-15 11:34:12
 前回の続きですが、何度もすみません。」

1, I reach out for a cigarette.

2, I reach out my hand for a cigarette

 上の文は自動詞と他動詞で分けて作った文なんですが、全く同じ意味ですか? ニュアンスの違いなどもないですか?



【回答】
 1. は「私は手を伸ばして(体を突き出して)たばこを取ろうとする」という意味で、「伸ばす」のが手であるのか、体なのかがはっきりしません。兎に角、たばこを取ろうとする体の動きを表しています。2. は「私はたばこを手に取ろうとして手を伸ばす」という意味で、1. よりも具体的な意味が表れています。


次の 10 件