Language Service Associates Present

キーワード
4282 件が登録されています。 [21-30] を表示

【質問 No. 9680】 洋楽の歌詞で、This Virginia done me off already. とは? (再度) 匿名 2018-07-13 13:01:54
 This Virginia done me off already の done off は、どういった意味なのでしょうか。先にいただいた「回答」では、「狂わせてしまった」という意味だと書いてあるのですが、off はどういった意味ですか?


【回答】
 ご質問の done me off ですが、do one off という熟語は見当たらないのですが、do me off とは、私の直感で「私を off の状態にした」ということですから、「私を狂わせてしまった」と訳してみたのです。off は、一般に、「〜から離れて、〜の外へ」という意味で、get on a train「電車に乗る」に対して、get off the train と言えば、「電車を降りる」という風に使われる言葉なのです。それの連想で「狂わせてしまった」と訳したわけです。


【質問 No. 9678】 「〜しなかったに違いない」 の英訳について はるきち 2018-07-13 19:45:13
 昨日質問しましたが、回答がありませんでしたので、もう一度送らせていただきます。

 例えば、「彼はそこに行かなかったに違いない」を英訳すると、

1. He must not have gone there.

となると思いますが、この文を

2. He must have not gone there.

としたら間違いでしょうか。文法的に、助動詞の入った否定文は、助動詞のすぐ後に not を置かなければいけないでしょうか。基本的な質問ですが、よろしくお願いします。


【回答】
 ご質問が消えてしまったようで、済みませんでした。こちらが削除したわけでもないのに、質問番号が“飛んで”いることがあるので、誰かの質問が気づかれずに消えてしまったのではないだろうか、と思わされることがよくあります。同様に、私の「回答」もアップロードしたはずなのに、消えてしまっていることがしょっちゅうあるのです。この不具合は、色々な人に聞くのですが、原因を突き止めるに至っていません。誰か助けてくれると、ありがたいのですが・・・。これからも、「回答」が2日以上経っても出てこない場合は、遠慮せずに何回でもこちらに届くまで、送り続けてくださるよう、お願いします。

 さて、ご質問ですが、「推量」の must の用法で、「彼はそこに行かなかったに違いない」をどう英訳するか、ですが、肯定文で「彼はそこへ行ったに違いない」は He must have gone there. でいいのですが、否定文で「彼はそこへ行かなかったに違いない」は must の代わりに can を使って、He cannot have gone there. とするのが一般的なのです。その際、He can have not gone there. という文は成り立ちません。あくまでも not は最初の助動詞の後に付けるのが決まりなのです。



【質問 No. 9676】 洋楽の歌詞で、This Virginia done me off already. とは? 匿名 2018-07-13 08:05:45
 洋楽の歌詞について (今回は drake の blem という曲です)

Unruly, unruly, maddas
Who keeps bringing more? I've had too many
This Virginia done me off already
I'm blem for real, I might just say how I feel
I'm blem for real, I might just say how I feel

 この曲の This virginia done me off already とは、何が省略されて、どういった意味なのか、教えてください。

 よろしくお願いします


【回答】
 “洋楽の歌詞”と言っても、最近のヒップ・ホップや、ラップなどの歌詞は、曲が先にあって、そのリズムに合わせるために作られたものが大半で、私が在米中の 1960 - 1970 年代の歌詞のような、言葉による中身を期待するのは、無理のように感じられます。ですから、今回の歌詞の maddas とか、Virginia、blem といった言葉の意味が掴みかねます。
 そこで、ご質問の This Virginia done me off already というフレーズに絞って考えてみますと、先ず、Virginia とは、ご存じのように、アメリカ南東部にある州の名で、今から500年くらい前に、イギリス人の植民地となった古い州の一つなのです。Virginia という州名も、当時のイギリス女王の Virgin Queen と呼ばれた Elizabeth I (1533-1603) の名から名付けられたものなのです。そこには、まだ、奴隷としてアフリカから無理矢理に連れてこられた人々が溢れていた時代で、有名な小説 Uncle Tom's Cabin などに見られるように、奴隷たちの苦しみや不安に満ちあふれていた、と言われます。そんな中で、生まれたジャズや歌謡などに歌われた曲には、彼らの隠語や俗語に満ちており、そこに住む人たち以外には、わけの分からない言葉で一杯なのです。
 そうした歌曲に起源を持つと思われる今回の歌詞も、分からない言葉だらけです。想像するに、This Virginia とは、元はタバコで、今は大麻やコカインといった麻薬を指すものと思われます。その Virginia が私をすっかり“ハイ”にしてしまっている、といった内容だと思われるのです。多分、This Virginia has done me off already の has が省略されたもので、「この Virginia が、すでに、私を狂わせてしまった」と言っており、I'm blem for real とは「私は blem なのだよ、本当に」、また、I might just say how I feel も、「今どんな感じかを教えてあげてもいいんだよ」といった意味だと思います。



【質問 No. 9675】 In light of the success of the McAllisters, ... の解釈について はつ 2018-07-13 04:45:45
 先生、どうか宜しくお願いします。

 In light of the success of the McAllisters, eyeglasses production developed rapidly.

 この英文の In light of に最も意味が近いものを選べ、という問題で、次の4つの選択肢がありました。

@ illuminated from
A oppositely
B informed by
C in reaction to

 「答え」は B なのですが、私は C の方が適切に思えました。なぜ、B なのか調べてもあまり分かりません。どうか宜しくお願い致します。


【回答】
 ご質問の英文を直訳してみますと、「マカリスター兄弟(?)の成功の光の中で、眼鏡の製産が急速に発達した」 となりますが、in light of 〜 という熟語は「〜を考慮して、〜の観点から」という意味なので、前後関係から、ここでは「マカリスター兄弟の成功があったので」といった意味になると思われます。
 そこで、最も意味が近い選択肢ということになると、ちょっと迷いますね。@ は「〜に啓蒙(啓発)されて、教化されて」という意味なので、これかなあ、と思わされます。A は「反対の位置に、向かい合って」という副詞なので、ちょっと外れるような気がします。B は「〜から情報を得て」という意味ですが、「マカリスター兄弟の成功から情報を得て、〜に教えられて」という意味で、「これかも」とは思いますが、もう一つの C を見てみると、in reaction to 〜 は「〜に反応して」という意味なので、これも近いですね。
 再考の結果、@ は illuminated by 〜 ならよかったのですが、from なので、選べません。A は、とってつけたような意味で適合しそうもありません。そうすると、B と C が近いことになりますが、「正解」は B ということですが、おっしゃるように、C の方が合っているようにも思われます。これは迷います。私なら、because of, owing to, due to といった選択肢を提案したいところですが、B の informed by は「直接教えられて」というとことが不安ですが、C の in reaction to には「〜に反発して」というニュアンスがあるので、やはり、B とするしかありませんね。あまりいい問題ではないことを付け加えて、これでお仕舞いにします。



【質問 No. 9673】 It is worth half the value of the cake. について ゆうき 2018-07-12 15:28:53
 基礎的な質問かもしれませんが、宜しくお願いします。

 You might think that it is worth half the value of the cake.

この英文での value は不可算名詞、half the value を half value としたら、間違いになりますか?


【回答】
 ご質問の文の意味は、「それは、このケーキの価値の半分(の価値しかない)と、人は思うかも知れない」ということで、worth 〜 とは「〜の価値がある」という意味の形容詞で、half the value of the cake とは「このケーキの価値の半分(の価値がある)」という意味で、half <of> the value of the cake と of を補って考えると分かりやすくなります。
 ところで、ご質問の half the value を half value とすることも可能か、という点ですが、例えば、「そのリンゴの半分を私にください」と言うときは、通常、Give me half of that apple. または、Give me half that apple. とし、Give me half apple. とは言わないのです。もちろん、Give me a half of that apple. なら OK ですが・・・。ですから、half value とは言わないことになります。(half の用法は難しいですね)



【質問 No. 9672】 They are better paid than in Burma, <relative to national incomes>. とは? 匿名 2018-07-12 14:03:36
 People in Malaysia are better paid than in Burma, relative to national incomes.

 この文の最期の部分がわかりません。よろしくお願いします。


【回答】
 ご質問の文の意味は、「マレーシアの人々は、国民総所得から見た場合、ビルマ(=ミャンマー)の人々よりも、給料がよい(=所得が多い)」ということで、relative to 〜 とは「〜と比例して、〜に関して、〜と比較して」という意味の「前置詞句」なのです。


【質問 No. 9671】 My parents are <both> very healthy. に each other を使えるか? ゆりちゃん 2018-07-12 15:26:50
 My parents are both very healthy.

 この文の both の部分を each other にするのは、どうしてダメなのでしょうか? 参考書には、「each other は副詞句ではなく、代名詞句だからダメ」と書いてあったのですが、なぜ、代名詞句はいけないのでしようか?


【回答】
 ご質問の文の意味は、「私の両親は2人とも大変元気です」ということですが、both は「両方とも」という意味の副詞なので、このような意味になるのですが、これを each other「お互い」という意味の「(複合)代名詞」で置き換えることはできないのです。each other が使える構文としては、My parents love <each other>.「私の両親はお互いを愛している」とか、My parents are living separate from <each other>.「私の両親はお互いから離れて(別々に)暮らしている」のように、動詞または前置詞の「目的語」となる場合で、「副詞」としては使えないのです。ただ、each other は、日本語に訳すと、「お互いに」となることが多いので、「副詞」と誤解されがちなのです。「名詞」と同じ働きをする「代名詞」だ、ということを覚えてください。


【質問 No. 9670】 RE: The gun maintenance chore, or at least it should be, is bore cleaning. 匿名 2018-07-12 08:39:22
The most common gun maintenance chore, or at least it should be, is bore cleaning.
Or at least should be の意味がわかりません。
ご教授願います。


【回答】
 ご質問の文の意味は、「最も一般的な銃の手入れ作業は、少なくともそうでないといけないのだが、銃の内腔のクリーニングである」ということで、or at least it should be は、本来、追加的に文末に置かないといけない部分なのですが、ここでは、それが述語の is bore cleaning の前に置かれているために、分かりにくくなっているのです。なお、or at least it should be (bore cleaning) の it は The most common gun maintenance chore を指しています。


【質問 No. 9669】 Galileo heard from a friend of another such device. の解釈について ゆうき 2018-07-12 13:26:03
 先生、宜しくお願いします。ガリレオの望遠鏡に関する英文です。

@ In England,early in 1609, Thomas Harriot had used such a device to help him make sketches of the Moon.
A Galileo, meanwhile, heard from a friend of another such device, which had been developed in Holland a year earlier.

 この英文の後半部分である A の英文の日本訳なのですが、解答では「その間、ガリレオは別の友人からそのような装置について聞いた。それは1年前にオランダで開発されていた」となっていました。
 私の答えは「一方で、ガリレオはある友人からもう一つの(トーマスハリオットが使っていた望遠鏡とは違う)そのような装置について聞いた。それは1年前にオランダで開発されていた」です。

 文の流れからしても、自分の解答は間違ってはいないと思うのですが、先生のお考えを聞かせてください。





【回答】
 これは、ゆうきさんがおっしゃる通りで、「解答」の訳者は heard from a friend of another such device の分析を誤(あやま)っているのです。本来、この部分の構造は [heard] [from a friend] [of another such device] と解釈すべきなのですが、解答者は [heard] [from a friend of another] [such device] としてしまったようですね。この解釈の間違いは、heard ... such device としたことに依るもので、heard ... of another such device としないと、heard such device では語法上成り立たないのです。どうしても heard of 〜 でなければおかしいです。


【質問 No. 9668】 Those of us who sleep late at night. の解釈について 匿名 2018-07-12 06:12:11
 Those of us who sleep late at night

 これは、「夜遅くに寝る我々」なのか、それとも、「我々の中で夜遅くに寝る人たち」 なのか、どちらでしょうか?


【回答】
 ご質問のフレーズは、関係代名詞 who の「先行詞」を us と考えると、of は「部分」を表し、「我々のうちで、夜遅くに寝る人々」という意味になりますし、先行詞を those と考えると、of は「同格」を表し、「夜遅くに寝る我々」という意味になります。どちらの解釈が正しいかは、文の前後関係や、状況などから決まってくるのです。
 例えば、タイの洞窟に入って出てこられなくなった少年たちがいましたが、その数は大人1人を含む13人だった」を英訳すると、There were some boys in Thailand who went into a deep cave and could not get out of it. There were actually <thirteen of them> including the boys' soccer coach. となり、ここでの thirteen of them は「彼らは全員で13人だった」という「同格」の意味になります。



前の 10 件    次の 10 件