Language Service Associates Present

キーワード
4282 件が登録されています。 [31-40] を表示

【質問 No. 9667】 言い換え問題の Slow of speech, he still enjoys conversation. について 太一 2018-07-10 15:24:02
 「同じ意味になるよう言い換えよ」という問題で、

 Slow of speech, he still enjoys conversation.

という文ですが、答えは、

 <Though> he is slow of speech, he still enjoys conversation.

でした。このカッコの部分を But にしても正解なのでしょうか?


【回答】
 <But> he is slow of speech, he still enjoys conversation. と、Though の代わりに But を使うことはできませんが、He is slow of speech, <but> he still enjoys conversation. とすることは可能で、意味も全く同じになります。


【質問 No. 9666】 【質問 No. 9665】 の歌詞の全文です。 匿名 2018-07-10 18:53:20
Studying your moves, I wanna play
It's all so easy when you're the one who loves the pain
Do I remember what I was taught?
Am I gonna catch you?
Is it bright enough to see all we are?
I'll bring you another rush

 これなんですが、Years & Years -- Border で調べれば出てきます。ところで、the one の後の who は関係代名詞ですか? 関係代名詞は代名詞に対しても使えるのですか?


【回答】
 前回のご質問の全文をお知らせいただき、ありがとうございました。早速、インターネットで検索したところ、Youtube の音声までも出てきたので、聞かせていただきました。しかし、残念ながら、一節全体を見せていただいても、そのメッセージは掴めませんでした。ただ、音楽は聴く度にリズミカルで、軽快な雰囲気が伝わってきました。所詮、この種の音楽は、音やリズムを楽しめれば、それで十分なのかも知れませんね。折角ですから、次に、日本語訳を付けてみましょう。

あなたの動きをじっと見ていると、私も遊びたくなる。
あなたが苦痛をいとわない人ならば、こんなにもたやすいことなのね。
私は教えられたことを覚えているかしら?
私はあなたに追いつけるでしょうか?
辺りは、私たちみんなの姿を見るのに十分な明るさがあるかしら?
あなたに、もう一度ワクワクする気持ちを味わせてあげましょう。

 なお、the one who ... ですが、おっしゃるように、who は the one を先行詞とする関係代名詞です。the one は正確には「人」という意味の名詞なのですが、代名詞だとしても、普通の名詞と同じく、関係代名詞の先行詞になることも可能なのです。



【質問 No. 9665】 洋楽の歌詞 Studying the moves, I wanna play. その他について 匿名 2018-07-10 08:04:17
 Studying your moves, I wanna play
 It's all so easy when you're the one who loves the pain

@ Studying your moves, I wanna play. とは、どういう意味なのでしょうか? Studying your moves, は、どういった意味の分詞構文ですか?


A It's all so easy when you are the one who loves the pain

 この文の意味と文の構成について教えてください。

B また、全て合わせたら、どういった意味なのかも教えてください。


【回答】
 たった2つの文からの質問だと、全体像が掴(つか)めず、正解を出すのは至難の業です。今後は、せめて1節全部を添えて質問してください。英語に限らず、文の意味を正しく解釈するためには、前後の関係がどうなっているかが極めて重要なのです。

 @ Studying your moves, I wanna play. を、普通の文に直すと、When I study your moves, I wanna play. となり、その意味は「あなたの動きをじっと見ていると、私は遊びたくなる」ということです。

 A It's all so easy when you are the one who loves the pain. とは、「あなたが苦痛を愛する人であるときには、それはすべてとても容易なこととなる」という意味で、最初の It が何を指しているのかは、はっきりしません。

 B 全体としては、「私は、あなたの動き(=所作)を観察していると、遊びたくなってしまう。あなたが苦痛をいとわない人なら、それくらいのことはすべてたやすいことになる」といった意味だと思います。



【質問 No. 9664】 「手段・方法」を表す前置詞 in と with は置き換えられるか? Apple pie 2018-07-09 19:42:54
 木村先生、こんにちは。「前置詞」についての質問です。よろしくお願いいたします。

 前置詞 in に「手段・方法」の意味があると例文がありました。下記英文が、その例文です。確か、前置詞の with も「〜で」という意味がありますよね。となると、in と、with と書き換えても意味は一緒なのでしょうか? 書き換えられないとしたら、どのような時に in を使い、どのような時に with を使うのでしょうか? 教えてください。

例文: 1. She is good at painting in oil.
    2. Please fill in this form in pencil.
    3. I solved the problem in this way.

 よろしくお願いいたします。


【回答】
 これは、解説が難しい質問です。おっしゃるように、「手段・方法」を表す前置詞には色々あって、それぞれ微妙なニュアンスを伴います。今回は、そうした前置詞のうち、in と with に絞って説明しましょう。
 先ず、1. の paint in oil とは「オイルで描く」という意味で、この場合は with を使って、paint with oil と言うこともできますが、2. の in pencil は write in ink に倣(なら)って、pencil が「物質名詞」として扱われています。ですから、「鉛筆で」というように、pencil を「普通名詞」として使う場合には、write with <a pencil> と、冠詞の a が付き、前置詞の with が使われます。つまり、write in <a pencil> とは言えないのです。
 一方、3. の in this way は with this way と言うことはできません。この場合、way は「方法」という意味の「抽象名詞」なので、前置詞は必ず in を使います。しかし、machine のような「普通名詞」の場合は、I solved this problem <with this machine>. 「私はこの機械(例えば、計算機やパソコンなど)を使ってこの問題を解きました」のように、with が使われるのです。
 結論として言えることは、in oil や in pencil のように、in が使われるのは「物質名詞」または「抽象名詞」の前、ということになり、具体的な「鉛筆」や「機械」と言った「普通名詞」の前では、with が使われるわけです。



【質問 No. 9663】 RE: There is little use in complaining. They will not do anything about it. トクメイキボウ 2018-07-08 13:05:48
 There is little use in complaining. They propably will not do anything about it.

 この意味を教えてください。文法的にはどういう構造になっていますか?


【回答】
ご質問の英文の意味は、「不満を言うことには、ほとんど何の効用もない。彼らは恐らくそのことについては、何もしないだろう」 ということで、a little use「少しは役に立つ」に対して、little use とは「ほとんど役に立たない」という否定的な意味を表します。また、「彼ら」とは、不満を漏らす相手のことを指しています。


【質問 No. 9662】 that the tests are taxing について ねこ 2018-07-07 20:26:41
 よろしくお願いします。

 Each manufacturer could use the test protocols on their own instruments to establish confidence that the tests are taxing.

という文章の that the tests are taxing の訳し方がよくわかりません。

 それ以外の部分を「各メーカーは信頼を確立するために、そのテストプロトコルを各自の機械を使ってよい」を訳したのですが、「that the test are taxing」の that は関係詞で、先行詞は confidence と考えればよいのでしょうか。「テストは面倒であるが、各メーカーは〜」と訳したのですが、全く自信がありません。


【回答】
 @ ご質問の部分を含む全文を訳してみますと、「国際的に認められた言語(例えば、英語など)を話すことは、(他国との)接触がもたらす様々な機会を最大限に利用したいと思う人々にとっては、明らかな利点となるのである」 となり、ご質問の make the most of the opportunities [which] contact brings とは、contact brings が opportunities を先行詞とする「関係節」となっているのです。contact の前に which が省略されているのです。

 A 後半の部分で言われていることは、言語が失われると、何が失われるか、と言うと、その言語を話す人々の生活様式のすべてと、それに関係する知識の一切が失われてしまう、ということなのです。また、人類の発明品(=言語)の豊かさを示すことになる、私たちの身の回りのことについて話しができるという私たちのユニークな才能も、(言語が失われると)極めて貧しいものとなってしまうことでしょう、と言った内容のことが書かれているのです。



【質問 No. 9661】 make the most of the opportunities <contact brings> の解釈について ゆきえ 2018-07-07 20:28:13
 先生、どうか宜しくお願いします。大学受験の入試問題からです。

 Where once language flourished in small isolated areas, there are now very few that are not in regular contact with the rest of the world. What happens then?
 Speaking an internationally recognized language is a clear advantage for people who want to make the most of the opportunities contact brings. Eventually, people may realize their children are not learning their native tongues.
 What is lost if a language is lost? As languages are lost, whole ways of life and sets of knowledge may be lost along with them. And the richness of human invention, our unique gift of talking about what we see around us, would be much the poorer.

 @ この英文において、一つの疑問は make the most of the opportunities contact brings.の contact brings. とは、どのように解釈すればよいのかという事です。
 A 二つ目の疑問は、この英文の後半の文章の英文が分かりづらいです。どのような事を伝えているのでしょうか?


【回答】
 @ ご質問の部分を含む全文を訳してみますと、「国際的に認められた言語(例えば、英語など)を話すことは、(他国との)接触がもたらす様々な機会を最大限に利用したいと思う人々にとっては、明らかな利点となるのである」 となり、ご質問の make the most of the opportunities [which] contact brings とは、contact brings が opportunities を先行詞とする「関係節」となっているのです。contact の前に which が省略されているのです。

 A 後半の部分で言われていることは、言語が失われると、何が失われるか、と言うと、その言語を話す人々の生活様式のすべてと、それに関係する知識の一切が失われてしまう、ということなのです。また、人類の発明品(=言語)の豊かさを示すことになる、私たちの身の回りのことについて話しができるという私たちのユニークな才能も、(言語が失われると)極めて貧しいものとなってしまうことでしょう、と言った内容のことが書かれているのです。



【質問 No. 9659】 the past 500 years have seen 4 percent of languages die out. について なつ 2018-07-06 19:22:17
 先生、宜しくお願いします。

 Professor Steve of the University of East Anglia calculated that the past 500 years have seen 4 percent of languages die out--compared with 1 percent of birds, and 2 percent of mammals.

 この英文の、特に the past 500 years have seen 4 percent of languages die out という部分なのですが、訳し方が分かりません。英文法的にも教えてください。


【回答】
 ご質問の英文の意味は、「イギリスのイースト・アングリア大学の Steve 教授の計算によると、過去5百年間における言語の消滅の割合は、鳥類の1パーセント、哺乳動物の2パーセントに比べて、4パーセントであったことが分かった」 ということで、ご質問の the past 500 years have seen 4 percent of languages die out とは「過去五百年は、4パーセントの言語が死に絶えるのを見てきた」 というのが直訳です。これは、文法的に説明しますと、[the past 500 years](S) + [have seen](V) + [4 percent of languages](O) + [die out](C) という要素から成る「第五文型」に属す構文となっているのです。die out という「原形不定詞」が「目的補語」となった構文です。


【質問 No. 9655】 The boy who is running. について 匿名 2018-07-06 16:06:20
 The boy who is running.

 こういう関係代名詞の最初の名詞 (The boy) には「be動詞」と「主語」はいらないんですか?
It is the boy who is running. とはならないんですか?


【回答】
 The boy who is running. だけですと、「走っている少年」という意味を表すだけで、その少年が何なのか、は分かりません。これに「述語動詞」を付けて、The boy who is running <is my son>. とすれば、「走っている少年は、私の息子です」となるのです。また、It is the boy who is running. という文は、「それは走っている少年です」という意味ですが、これだけだと、どんな状況を描写しているのかがはっきりしませんね。これに主語を付けて、My son is the boy who is running. とすれば、「私の息子はあの走っている少年です」 という意味になります。


【質問 No. 9654】 you beautiful, you crazy など、「be動詞」の省略について ヤマー 2018-07-06 13:23:55
 @ you beautiful, you crazy など、「be動詞」が無いことがあるのですが、これは「be動詞」を省略してるのですか? それとも何か用法があるのですか?

 A 関連で、「進行形」での「be動詞」の省略について

 i playing tennis

 「受け身」の「be動詞」の省略について

 problem solved

こういうのは、「口語」や、「歌詞」、「ネット」のやり取りでは省略される事はありますか?
あと、「主語」と「be動詞」ということもありますか? 例えば、

 solved だけだったり、playing tennis だったり、beautiful とか。

 B 最後に、「今何してますか?」と質問された時に、playing guitar などと省略して答えることも可能ですか?

 複数の質問で、すみません。


【回答】
 @ 男の子のグループに向かって、Hey, you boys! What do you think you are doing? 「おい、子供たち! そこで、何してるんだい?」 などと言って“たしなめる”ようなことは、よく耳にしますが、同じような意味で、You are crazy! と言うべきところで、You crazy, man.「このお馬鹿さんよ!」 などと言うことはありますが、You beautiful! を、女性に向かって、直接言うかどうかは分かりません。言うとすれば、多分、おっしゃるように、You are beautiful. の「be動詞」が省略されたものと思われます。
 A i playing tennis のように、I を「小文字」で書いたり、「be動詞」を省略したりする、文末にピリオドを抜かしたすることは、ヒッピーや、ヒッピーもどきの人の中によくあります。しかし、外国人として英語を書いたり、話したりするときは、あまり勧められないものです。また、何か困ったことがあったときなどに、誰かが Problem solved! などと叫ぶこともよくあります。これは一種の「感嘆文」で、What a beautiful girl!「なんて美しい子だこと!」などと同じように、よく使われます。もちろん、The problem is solved. の「冠詞」や、「be動詞」の is が省略されたものです。
 また、肝心な語句だけを使った Solved! (=It's solved.) や、I'm playing tennis. の意味で、Playing tennis. としたり、Oh, she is beautiful! の意味で、Beautiful (, isn't she?). などと言うことは、会話ではよくあることです。
 B これも A の続きで、電話なので、What are you doing now? に対して、Oh, I'm playing tennis. の意味で、Playing tennis. などと、省略形で言うこともよくあります。



前の 10 件    次の 10 件