Language Service Associates Present

キーワード
13066 件が登録されています。 [41-50] を表示

【質問 No. 19192】 英文解釈について (追加質問)  石川 2022-05-15 12:59:34
 先ほどは、丁寧でわかりやすい解説をありがとうございました。いただいた解説について質問をさせていただきたく存じます。

@ would grow less adapted to the circumstances of their lives の構造は、[would grow](V) [less adapted](C) の要素から成る「第2文型」となります。He grew tall.「彼は、(成長して)背が高くなった」という文と同じ構造です。分詞構文ではありません。

 本文では grow up となっていますが、up と言う副詞が付属しても、S V C の文型を取ることができるのでしょうか?

A less adapted than they might be の後に省略されているのは、(they might be) adapted to the circumstances of their lives です。if節まで省略されているわけではありません。

 省略されている部分についてはよく理解できました。ありがとうございます。

 模範和訳では、than they might be の部分が、「放置されない場合に比べて」と言う風に訳されていました。If節が省略ではないとすると、if they were left to themselves の部分との対比から、日本語を補っていると言う理解でよろしいでしょうか。 

 大学入試の和訳問題なのですが、than they might be の部分を訳すコツがわかりません。


【回答】
@ grow tall は「背が高くなる」 という意味で、成長過程での話になりますが、grow up tall とすると、「背の高い大人になる」 という意味になり、構造的には、同じと考えられます。

A than they might be が 「放置されない場合に比べて」 となっている、ということですが、そもそも、「仮定法」 の「帰結節」となる they would grow up less adapted という部分に、すでに if 節(=仮定節)が、含意されているのです。I would like to go with you. の would like という「仮定法」 に if I could という「仮定節」 が含意されているのと同じです。ですから、盛んにおっしゃっている「if 節」 が省略されることはない、という考え方が間違っているのです。



【質問 No. 19191】 it と that の使い分けについて  たっくん 2022-05-15 11:13:57
 いつもありがとうございます。本日も、どうぞよろしくお願いいたします。

 インターネット上で、以下のような説明がありました。

 「友人の、I had a haircut. という発言に対して、It is good. と返答すれば、新しいヘアースタイルについて、良いね、と言っていることになり、That is good. と返答すれば、(例えば、しばらく散髪していなかった為に、髪の毛が伸びていたので)散髪したという事実について、良かったね、と言っていることになる」

 この説明に基づけば、英語教科書から抜粋した、以下の英文は間違いなのでしょうか?

 Please write me back if you have time. It will make me super happy!

 返事をくれるという事実が、私を幸せにしてくれる、との解釈から、2文目の文頭の「It」は「That」が適切にも思うのですが、先生のご意見をお聞かせいただけますと幸いです。


【回答】
 私の経験で、アメリカ人の友人に、Oh, you look changed today.「おや、今日は、雰囲気が変わったね」と話しかけたら、It's my hair. と言って、頭を指さしたのを、今でも覚えています。この it は、様子が変わった、ということを it で受けていたのです。このように、it は、漠然とした「状況」を指す言葉であることが分かります。

 一方、もしこのとき、友人が That's my hair. と言っていたとするならば、この that は、状況というよりも、「それは、私の髪の毛だから、触らないでくれ」 という風な意味になるのです。つまり、that は「指示代名詞」 なので、ある物を指さしながら、「それ、あれ」と具体的に指しているのです。

 以上から、私の考えでは、ご質問の It is good. とは「それは、よかったね」という風に、散髪したことを漠然と指していることになります。一方、That is good. と言うと、「それは、よかったね」 という意味で、散髪したことをよかった、と述べているに過ぎません。インタネットで説明しているような意味合いになるとは、限りません。

 また、教科書の、Please write me back if you have time. It will make super happy. の it も、返事をくれることを指しているのです。間違いではありません。



【質問 No. 19190】 英文解釈について  石川 2022-05-15 10:53:28
 いつもお世話になっております。

 以下の英文について質問させていただきます。書いてある内容は大方理解できるのですが、構文の解釈が難しく、力をお借りしたく存じます。

 It is obvious that most children, if they were left to themselves , would not learn to read or write, and would grow up less adapted than they might be to the circumstances of their lives.

@ would grow up の後にくる "less adapted ... their lives" までは、分詞構文で合っていますか?

A less adapted than they might be の後に省略されているのは、adapted なのでしょうか? 比較級では、基本的に than の前後で形が揃うと聞いたので、"would grow up" "might be"ではバランスが悪く感じます。

 あるいは、模範和訳では、「(ほとんどの子どもは、もしほったらかしにされると読み書きできるようにはならないだろうし、) ほったらかしにされない場合よりも、自分の生活環境に適応できないで成長してしまうだろうことは明らかである」となっていました。

 このことから、 "..., and they would grow less adapted to the circumstances of their lives than they might be (adapted to their circumstances if they were not left to themselves). となり、(   )の部分が省略されていると考えるべきなのでしょうか? If節までもが省略される、というのはあまり聞いたことがありません。

 よろしくお願いいたします。


【回答】
 ご質問の英文の意味は「ほとんどの子供は、好き放題にされているならば、読み書きを覚えることもないだろうし、大人になっても、人生での様々な状況に適合しないまま過ごすことになるだろうことは、明らかである」 ということで、would grow up less adapted than とは「放置されない場合に比べて、大人になって、様々な境遇に、適応する度合いが、低くならだろう」 ということなので、than 以下は、(than) they might be (adapted to the circumstances of their lives) のカッコ内の言葉が省略されているのです。

@ would grow less adapted to the circumstances of their lives の構造は、[would grow](V) [less adapted](C) の要素から成る「第2文型」となります。He grew tall.「彼は、(成長して)背が高くなった」という文と同じ構造です。分詞構文ではありません。

A less adapted than they might be の後に省略されているのは、(they might be) adapted to the circumstances of their lives です。if節まで省略されているわけではありません。



【質問 No. 19189】 「仕事が捗る」を、どう表現するか?  done 2022-05-15 06:05:08
 「get some … done」で、「…を終わらせる、…が捗る」という訳し方になると思うのですが、「…を終わらせる」というのは分かるのですが、「… が捗る」という表現に、いまいち納得のできる説明がありませんでした。

 例えば、I got a lot of done. であれば、「たくさんし終えた」ということで、「たくさん終わらせた、イコール仕事が捗る」ということは理解できるのですが、get some … done だけで、「仕事が捗る」という訳し方になるのは、なぜなのでしょうか?

 例文: I got some work done, so I’m happy.「仕事が捗ったので、嬉しい」


【回答】
 「仕事がはかどったので、嬉しい」 を英訳すると、I have made a lot of progress in my work, so I'm happy. と言います。I have a lot (of work) done, so I'm happy. としてもいいでしょう。


【質問 No. 19188】 No more Hitler! について  テノヒラ 2022-05-15 05:53:09
 「No more Hitler! と言うのは、「ヒットラーは、これ以上要らない」で、ヒットラーを個人として捉えていると言うよりも、「ヒットラーという独裁者」という普通名詞化しているので、no more を付けることができるのです」

 このように回答頂きました。no more の後には、可算名詞なら複数形が、不可算名詞なら単数形が来る、と「英語基本形容詞・副詞辞典」にはありました。ここの Hitler は「不可算名詞扱い」なのでしょうか?


【回答】
 No more Hitler! における Hitler は、「固有名詞」 が「普通名詞扱い」になった例で、「普通名詞」 は、通常は、「可算名詞」 です。「可算、不可算」に余り拘らないでください。この問題は、終わりにする、と申し上げたはずです。これ以上は、聞かないでください。


【質問 No. 19187】 「弱いままで、強くなれ」を、どう言うか?  みーほ 2022-05-15 05:44:02
 自分に言い聞かせたい言葉なのですが、「弱いままで、強くなれ」を、ネットで調べると、Stay weak and be strong. と出るのですが、合っていますか??


【回答】
 ご質問の言葉は、Be strong while you are weak! としたら、どうでしょうか?


【質問 No. 19186】 storage(保管)のイギリス英語のスペルは?  なかた 2022-05-15 05:38:00
 storage(保管)のイギリス英語のスペルは何になりますか? アメリカ英語と同じですか。

【回答】
 storage は、アメリカ英語でも、イギリス英語でも、同じスペルです。この単語で、注意しなければならないのは、日本語では、「ストレージ」 という風に、「レ」にアクセントを置いて発音しますが、英語の正しい発音は、「ストーリッジ」という風に、「ト」にアクセントを置いて発音することです。


【質問 No. 19184】 all の働きについて  たっくん 2022-05-14 19:22:59
 こんにちは。いつもありがとうございます。本日もよろしくお願いいたします。

 I can do it all by myself.

 上記英文中の all の働きが、はっきりわかりませんでしたので、質問させいてただきました。all は、前の it を修飾して、「それをすべて」などの意味でしょうか?

 あるいは、all は、後ろの by myself を修飾して、「完全に自分で」などの意味でしょうか?

 ご教示のほど、よろしくお願いいたします。


【回答】
 ご質問の英文の意味は「私は、それを、全て自分だけで、できます」ということで、all は by myself を修飾する「副詞」の働きをしています。


【質問 No. 19183】 英作文の添削依頼(前編)  zoro 2022-05-14 19:16:23
 先生、ご添削ありがとうございました。本日は、Do multinational corporations play a positive role in today’s world? の添削をお願い致します。

1.「私は、多国籍企業は、今日の世界において積極的な役割を果たすと思う」
 I think multinational corporations play a positive role in today’s world for the following reasons.

2.「第1に、日本はグローバル化が進んでいて、多くの企業が海外へ進出している」
 Firstly, Japan is becoming globalaized, and nowadays a large number of corporations are expanding into overseas.

3.「さらには、海外企業に仕事を委託することには、企業を安い費用で利用出来るという点で、利点がある」
 Moreover, there is a benefit to commssion companies in foreign countries in that they can be used for lower wages.

 本日もよろしくお願い致します。


【回答】
1. I think multinational corporations are playing a positive role in today's world. Below are some of my reasons for thinking so.

2. First of all, Japan has already become globalized, and nowadays quite a number of Japanese corporations are expanding to overseas countries.

3. Moreover, there is a quantifiable number of benefits in commissioning foreign companies in that they can be used for lower costs.




【質問 No. 19182】 Broadcast の使い方について  TV 2022-05-14 19:03:42
 メールや、チャットなどの冒頭に、Broadcast と前置きして、「以下のメッセージは、あなた個人にだけ送ったものではなく、他の方にも広く送っています」という意味で一般的に使われますか?

【回答】
 broadcast という語は、「公共放送(する)」という意味で、名詞としても、動詞としても使われ、個人向けのメッセージとは限らず、公に知らせるものだ、という風に使われます。


前の 10 件    次の 10 件